顔のむくみの原因と対策方法

寝起きに鏡を見たときに、顔がむくんでいて驚くというシーンに遭遇したことがある人は多いといいます。
このような顔のむくみはどのような原因で、どのような対策方法があるのでしょうか。むくみとは、体内をめぐるリンパの流れや血液の流れが滞ることで、老廃物や不要な水分が溜まっている状況と言われています。

 

主な原因としては、体内の水分量が少ないことによるもの、アルコールを取り過ぎたり、塩分を取り過ぎたりすることで、肝臓や腎臓の働きに負担をかけてしまうことによるものと言われています。
水分不足によって起こるむくみについては、水分補給が重要ですが、そこで摂る水分はできる限り体温に近い温度まで温めるか冷ましたものにしましょう。
冷たすぎたり熱すぎる飲み物は身体に吸収されるときに体温と同じくらいの温度まで調整されるため、その分だけ身体に負担がかかってむくみが治るのが遅れたりします。
アルコールや塩分のとりすぎによって起こるむくみには、アルコールの摂取量を落としたり、塩分量を抑えるのが重要です。特にお酒のつまみになるものは塩分が過剰なものが多いため、意識して摂取量を少なくするのが大事です。